いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


NHKスタジオパークにお出かけ

渋谷から直通バスが走っている、NHKスタジオパークに息子と行って来た。
入園料が200円と安い。中学生まではなんと無料!

「おかあさんといっしょ」のおねえさんとおにいさんの歌のショーをやっていた日だったので、子供連れが多かった。土日には「いないいないばあっ!」のキャラクターのワンワンか、「ぐ〜チョコランタン!」のスプーのどちらかと、記念撮影が出来る。
ホームページ上で、記念撮影会のスケジュールを公開しているので、要チェック。
http://www.nhk.or.jp/studiopark/index.htm

この日はスプーの日で「みんながおうちのテレビで見てる時はこれっくらい(両手を縦に30cm位開いて)だと思うけど、本物のスプーは、とぉっても大きいので、びっくりしないでね」というおねえさんの説明どおり、スプーは巨大だった。
最前列のお友達から順番に一列に並んで待っていると後ろにスプーが来てくれる。
自分で並んでいられる子供は、保護者が撮影するのだが、まだ小さな子供の時は
大人と子供の写真を係員が撮影してくれる。(自分のカメラで撮影するので、カメラをお忘れなく!)今度はワンワンの日に行こうと張り切る私。
c0093723_1725111.jpg

館内は、時代劇コーナーやアフレコ体験コーナーもあって充実。
老若男女とわずに楽しめる感じ。小さな子供向けには「こどもひろば」というコーナーがあるが、部屋の周りにキャラクターが展示してあって、中央のテレビで子供向け番組が流れているだけなので、イベントに併せて行く事をお勧めする。
年長さんや小学生くらいになれば、アフレコしたり、アナウンサーに挑戦してみたりと、遊び方は格段に広がる。

レストランも併設されていて、NHKの番組ゆかりのセットメニューがある。
大河ドラマの「篤姫膳」、韓国ドラマ「チャングムの誓い」からコムタンセットとか。
ボリュームもあり、けっこう美味。お子様ランチもあるので、安心。
c0093723_17482446.jpg

この後、完食した。。。
ななみちゃんとも記念撮影。
c0093723_17405100.jpg

イベントに併せて、たびたび行ってみたいものだ。
売店で作れる写真と日付け入りオリジナルキーホルダーもお勧め!
[PR]

by marimiyata777 | 2008-09-22 19:13

渋谷の都児童館

渋谷の宮下公園の前、美浜公園に隣接して東京都児童館がある。
昭和37年に建てられた、都で最初の大型児童館である。
私が子供の頃、母に連れられて毎週のように通っていた。
当時は地下に飛行機コーナー、2階に剥製などが並ぶ科学を学ぶコーナーがあったが
平成元年に大幅に改修工事されたらしい。

今度は私が子供を連れて通う番になった。結構頻繁に訪れている。
乳児から小学生までそれぞれの年齢に応じて楽しめるスペースがあり、長くお世話になりそうだ。

2Fののびのび広場は、靴を脱いで遊べるフローリングになっていて、汽車、ブロック、滑り台、ぬいぐるみや絵本とありとあらゆる遊具が揃っている。
1歳10ヶ月になった息子はここの木製の汽車のおもちゃにはまっている。1時間くらいは集中して、汽車を延々と走らせている。

少し上の幼稚園生くらいのおにいちゃん、おねえちゃんとのかかわり合いを見れるのもまた楽しい。「ちょーだい」とか「いれて〜」とか言って輪に入ってくるのに、「だめ!だめ!」と追い払ってしまって、「いっっしょに遊ぼうよ。みんなのおもちゃだよ」と言い聞かせていっぱい持っている汽車のおもちゃと他の子に分けてあげると、もう大泣き!!!もう他に移動させるしかない!と抱っこして他の階に行くのであった。
c0093723_18494040.jpg


3Fのほのぼのコーナーも乳幼児のためで、押し車やスポンジ製の積み木、ブロックなどがあって、赤ちゃんがはいはいしている横で、少し上の子が押し車を走らせてるという「ほのぼの」空間。小さい子にはお勧め。
c0093723_1849237.jpg


食堂があるのだが、カレーと中華丼と焼そばくらいしかないので、持って来て食べてる人もよく見かける。4Fの音あそびコーナーでは、ドラム、鉄琴、木琴、ピアノなどなどいろいろな楽器に触れられる。

一日、楽しめる事間違いなし!お昼寝の時間になっても帰ろうとしない施設です。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/index.html
[PR]

by marimiyata777 | 2008-09-10 18:52