いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


箱根彫刻の森美術館

両親を連れて箱根旅行に出かけた。
彫刻の森美術館は、景色と作品との調和が好きで、箱根旅行といえば訪れる場所だ。
1〜2年ぶりに行くといつも新しい作品が増えていて、今回も面白い作品が入口付近に展示されていた。

Walking Flower(歩く花)はカラフルでポップな作品だ。
不思議の国のアリスを思い出した。
その前には、大きな目玉焼きのオブジェが。
息子が座っている黄身部分は、トランポリンのように弾力のある素材で出来ていて、子供が跳ねて遊んでいた。
(元気の良すぎる子供がいたのか、ちょっと破けてしまっていたが。。。)
c0093723_1714328.jpg


キッズスペースがあり、小さな子供も楽しむ事が出来る。
しゃぼん玉のお城や、ネットのお城。ネットのお城は小学生くらいになればネットによじ登って探検出来そう。しゃぼん玉のお城は幼児でも大丈夫だ。

強化プラスチック製の巨大なお城。中をハイハイで探検する息子。
中から外からも透けて見えるので、子供も親も安心。
出口で待っていると「キャー♪」といって喜んでいた。
(息子の後ろにいるのは母です!ゆらめいて見えますが。。。本物です)
c0093723_1772289.jpg


私の一番のお勧めは、太陽の塔だ。
ピカソ観に向かう途中、足湯コーナーの前にそびえ立つ塔。
中に入ると、思わずため息がこぼれる。
美しいステンドガラスが、太陽の光を透かして、輝いている。
螺旋階段を上って行くと、上は円形の展望台になっていて、箱根の山々や作品群を見渡せる。必見。

足湯コーナーも柚子や蜜柑の香りが漂い、100円でミニタオルも販売していて、便利。疲れを癒して、もう一回り!という活力が出る。

いつもは歩いているとすぐに「抱っこ」という息子だが、いろいろな作品があちらこちらに展示されているので、刺激的だったのだろう。すごくよく歩いてくれた。
[PR]

by marimiyata777 | 2009-01-23 19:30

おまんじゅう?

子供は寝相が悪いと良く言うが、本当によく動く。
頭と足が逆になってるのは日常茶飯事。

今朝起きると壁の所におまんじゅうのようになってた。
c0093723_12583823.jpg


カーテンを開けても、電気を付けても、声を掛けても。びくともしない。アップはこんな感じ。頭の周り、狭そう。
c0093723_12593267.jpg


おふとんを取ってみた「起きる時間だよ〜」なぜか頭膝立ち。このポーズが楽らしい。
c0093723_1315757.jpg


毎朝、かわいい姿で笑わせてくれる息子なのだ。
[PR]

by marimiyata777 | 2009-01-13 13:06

軽井沢で雪遊び

冬休みに軽井沢の別荘に出かけた。
着いた日の未明に雪が降ったそうで、お庭はきれいに一面の銀世界。
新雪を踏んで、足跡を作ろうと、親が庭に出ないで取っておいてくれたのだ。

夕方4時頃に到着したのだが、着くなりスノーウェアに着替えてお庭へ繰り出す母と息子。おぅ寒そうと思いながらも、カメラを持って追いかける私。

新雪は、ぎゅっぎゅむと、良い音を奏でる。踊るようにざくざく歩く二人の足跡が、点々と続く。翌朝、森の方まで散歩に行くと、うさぎの足跡があった。

翌日、パパが来ると息子よりも大きな雪だるまを作ってくれた。
母が「ゆきた」と命名した。息子は「ゆきた」が気に入ったようで、ぎゅっと抱きついていた。

初めて見た事や物に興味津々。
「これ、なにかな?」「これはなに?」と首を傾げながら、何度も尋ねてくる。
今朝はパパのあごをグリグリしながら、「これなに?」「あごだよ。あご」「あお?」
と、微笑ましいやり取りをしているのであった。

c0093723_16331265.jpg

居間から続くウッドデッキで
[PR]

by marimiyata777 | 2009-01-09 19:00

ドングリはどこに?

パパと公園にお散歩に行った時、落ち葉とドングリを手に取って、研究者のような顔をしていたそうだ。しかめっ面は、真面目な顔をしたパパとそっくり。

「ま〜ま!」と帰ってきた息子。
三輪車のカゴいっぱいにドングリが入っていた。「わぁ〜いっぱい拾ってきたね」
3粒ほどを手にして「はい」と私に渡してくれた。
「ありがと」と言うと、うれしそうに、はにかんで笑った。

そして、いそいそと庭に戻り、またカゴからドングリをすくって、ママに渡して、
また戻って、小さな手を広げて、沢山もとうと持って落っことしたのを拾って。
拾ってきたドングリ全部を、ママにくれて、得意げに微笑んだ。

私も手がいっぱいで持てないから、小さなバスケットに受け取った。

それからしばらくは、ネジの穴やおもちゃ箱の中、ベッドの上、いろんな所にドングリさんが転がっていた。「どんぐりころころ、どんぐりこ〜♪」と歌うと一緒に体を揺らしてリズムを取っている。

あれ、そういえばバスケットが空になってる。どこに沢山のドングリは消えたのだろうと思っていると、1週間位して、赤い乗用ブーブーの座席下の収納に入ってるのを発見するのであった。

c0093723_1642890.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-01-09 18:40