いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


沖縄 伊江島 拝所ニャティヤ洞

伊江島には素晴らしい観光名所がいくつもあったが、一番、印象的だったのはニャティヤ洞だ。
海岸沿いの駐車場に車を停めて、階段を下っていくと、暗い洞窟の入り口がある。奥に進んでいくと、とても広い空間が広がっていた。砂地の洞窟だ。

c0093723_16362725.jpg

空気がピンと張りつめている。拝所だ。戦争中は住民の防空壕として利用され、多くの人を収容したことから「千人洞(ガマ)」とも呼ばれている。


c0093723_16364868.jpg

洞窟の中からしか出られない磯に出てみた。


c0093723_1637382.jpg

広がる海原。苔むした磯。水たまりのような穴が無数に開いている。
自然の創り上げた造形美。

磯遊びをした事がなかった私や息子にとって、初めての経験がたくさん。
岩の下からもずく蟹やヤドカリを見つけては自然の水たまりに入れてみた。
もずく蟹は、もずくみたいな細い毛がたくさん生えている面白い蟹だ。
小さな魚やウミウシもたくさんいた。時間を忘れて蟹探しに夢中になった。
c0093723_1642773.jpg


夏の良い思いでになった。
c0093723_16423752.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2011-07-29 16:43 | 旅行

沖縄 伊江島

遅ればせながら、、、GWに沖縄のやんばると伊江島に行ってきた。
人ごみや観光客がたくさんいる所はあまり好きじゃないから、
沖縄の中でも一番静かな所に。

伊江島では本部半島からフェリーで30分。今回はレンタカーもフェリーで運んでもらった(往復¥5700)。島の東端から西端まで6kmほどしかない、小さな美ら島。
第二次世界大戦時の沖縄戦の最初の激震地になり、街や田畑を焼き払われ多くの犠牲をだした、悲しい歴史もある。

民宿「土の宿」は素泊まり宿。共用の台所で自炊する。大きな囲炉裏のあるお部屋で、その日巡り会った人たちが思い思いの時間を過ごす。おばあちゃんの家に遊びにきたみたいな感覚。
経営者である木村浩子さんは足が不自由で車いすのため、宿のいたる所がバリアフリーになっている。障害者、健常者を問わず、お互いに生きる仲間として、自由に語り、共に考え、本当の福祉と平和を創り出していきたいと想い、沖縄に民宿「土の宿」を建てたそうだ。電気のスイッチは全て足で押せる低い高さにあった。ホテルに泊まるゲストとしてサービスを求める方にはご遠慮ねがっている。共用の家に泊まらせてもらってる感じ。なんとも、穏やかな気持ちで過ごせる宿だった。
1泊:大人¥2,000、子供(布団を使う場合)¥1,000。http://tsutinoyado.net/donna.html

c0093723_1692047.jpg

土の宿の玄関で。遊んでもらったお兄ちゃんたちと。

c0093723_1610328.jpg

一面に広がるひまわり畑。
[PR]

by marimiyata777 | 2011-07-29 16:11