いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々成長しています

生後3週間が経って、顔つきがしっかりしてきました。
毎日、よく母乳を飲んで、よく寝て、よく泣きます。

私も赤ちゃんとの生活にずいぶん慣れました。
まだ外出が出来ないので、丸一日、ずっと一緒に家で過ごしています。
1対1で赤ちゃんと向かい合えるのは、今だけの貴重な時間ですね。


c0093723_19421892.jpgc0093723_19423351.jpg
[PR]

# by marimiyata777 | 2006-11-21 19:43

出産しました

10月23日、男の子を出産しました。
予定日は11月9日だったので、2週間半早く産まれてきました。
2508gの小さな体で、大きな産声を上げて、私たちのもとへやって来ました。

生後1週間、顔立ちがはっきりしてきました。
おでこにしわをよせながら、おっぱいを一生懸命飲んでいます。

ママも赤ちゃんも始めての事だらけ。
一つずつ模索しながらの毎日です。


c0093723_14531410.jpgc0093723_14554391.jpg
[PR]

# by marimiyata777 | 2006-11-08 14:55

ハノイのマーケット:ドンスアン市場

ハノイの街には幾つかのマーケットがあるが、ドンスアン市場が最も大きい。
生活に必要な物は全て揃う。
日用品から台所用品、衣服、バック、乾物、野菜、蛙、板の上で捌かれる豚など。。。

c0093723_13273340.gif


市場に行く途中の道から、路上マーケットが始まり、
無秩序にいろいろな店が軒を連ねていた。

c0093723_13282886.gif


色鮮やかな花々も、逆さにした篭のような帽子を冠った女性が、自転車に乗りながら売り歩く。
ベトナムでは女性が働き者だ。市場の店主ほとんどは女性で、男性の姿はほとんど見かけない。活気に溢れ、笑顔が溢れる。

どちらを向いても麦わらのベトナム帽の人々が溢れていて、微笑ましい。
庶民の生活を垣間見える時間が楽しめる。

c0093723_13385598.gif

c0093723_13394241.gif
c0093723_13301100.gif

[PR]

# by marimiyata777 | 2006-09-12 13:43 | 旅行

湖の街ベトナム・ハノイ

ベトナムは3回訪れましたが、都市によってこれだけ雰囲気の違う国も珍しい。
南の首都ホーチミンは都会の喧噪で慌ただしいが、北のハノイは何ともいえずのんびりとした空気に包まれている。

街の中心には、ホアンキエム湖という大きな湖があり、その中心には寺院が建っている。
ベトナムの仏像はとても色彩鮮やかで派手である。ハノイにはフランス統治時代の名残か、欧州調の建物や大聖堂もある。大聖堂の中のマリア像も、後光が七色のネオンで輝いていた。

c0093723_14522633.gif
c0093723_14533452.gif


ハノイでお勧めの観光スポットといえば、この湖の畔にある水上人形劇だ。1等席でも4ドル位で、お土産に人形劇の曲が入っているCDと扇子をくれる。この人形もまた、鮮やかな色で、個性的でひょうきんな表情をしている。人形の動きがまた滑稽で、パシャンパシャンと水面をたたく姿はなんとも微笑ましいのである。

c0093723_1454479.gif


ベトナムの歴史には悲劇が多く見られる。ハノイのホアロー刑務所もそんな歴史の1ページがかいま見れる場所だ。フランス統治時代に独立運動をしていた何千人ものベトナム人がここで拷問され、処刑された。
現在、この収容所の大きさは当時の半分以下の大きさに縮小されて、博物館として開放されているが、残りの敷地はなんと高級外国人向けアパートメントホテルが建設されている。なんという皮肉か。現地人を殺戮した土地に、当のフランス人や外国人が優雅な暮らしをしているのだ。中庭には当時実際に使われていたギロチン台が置かれている。見上げると高級アパートメントホテル、収容所、ギロチン台が一緒に目に入る。恐ろしい風景だ。
ある国を訪れる時は、その国の歴史を知ると良い。ここも是非訪れるべき場所だと思う。

c0093723_1553424.gif

ハノイの街の散歩ではバイクに気をつけて。
ほがらかな人々が待っています。

c0093723_15556100.gif

[PR]

# by marimiyata777 | 2006-09-08 15:10 | 旅行

カンタ君、ありがとう

昨日、実家で飼っていたチンチラのカンタ君が亡くなりました。
6年と3ヶ月、我が家で暮らしました。
ふさふさの毛をして、いつもまあるくなっていたカンタ君。
おともだち(犬のぬいぐるみ)を枕にして、眠ってたカンタ君。
天国の草原を思いっきり走り回ってね。
いっしょに過ごせて良かったよ。ありがとうね。

c0093723_11262494.gifc0093723_11264442.gif
c0093723_1127043.gif

[PR]

# by marimiyata777 | 2006-09-05 11:29

琉球王国の城:グスク

沖縄中部には、大小規模はさまざまな5カ所程のグスク(古城)があります。
グスクに訪れると、沖縄が別の国であったということを再認識します。
琉球王国の歴史や文化は、日本とは全く異なったものです。
日本でいう城は瓦屋根があって何重かになっていて、石垣の上に建てられていることが多いですが、琉球の城は石造りで、まるで英国の城のようです。
遠くまで海原を展望できるように、海沿いの崖の上に建てられています。
丁寧に切り出された石をきれいに積み重ねており、400年経った今でも、頑丈な姿を残しています。

c0093723_1315726.gifc0093723_13152953.gif
c0093723_13201198.gif
c0093723_1323524.gifc0093723_13232590.gif
[PR]

# by marimiyata777 | 2006-09-01 13:21 | 旅行

沖縄県那覇の宗元寺石門

今日は那覇にあるひっそりとしたお勧めスポットについてご紹介します。
安里にある宗元寺石門はガイドブックにもあまり載っていませんが、ツタに覆われた歴史的遺産です。グスク(古城)は、沖縄中部ではたくさん見られますが、那覇では貴重な存在です。
もう石門しか残っていませんが、趣きはたっぷりです。

門をくぐると中には大きなカジュマルの樹が枝を垂らし、大きな葉を揺らしています。樹の生命の深さを感じられます。その上の高台の公園にはれんげ草が広がっています。

那覇で静かに時を過ごしたい方はぜひ、、、

c0093723_1827388.gif
c0093723_18272186.gifc0093723_18275552.gifc0093723_18281385.gifc0093723_1828328.gif
[PR]

# by marimiyata777 | 2006-08-30 18:29 | 旅行

志賀高原 山の上の湿原:四十八池

今年の夏休みは伊豆で海を満喫した後、軽井沢で山と緑を楽しみました。
軽井沢から車で30分程で、志賀高原まで行く事ができます。
冬はスキー場がたくさん連なるこのエリアは、夏には緑の敷き詰められた高原が続き、リフトで頂上に上がると、美しい尾根を望めます。

四十八池湿原は、大小60程の池が高台の平原に広がる景勝地です。硯川から前山ペアリフトで前山湿原へ上がり、1時間ほど、山間の小道を進むと湿原まで行けます。渋池という大きな池を通り過ぎ、背の高い熊笹に囲まれた1本道を進んで行きます。途中、山に生息する熊に人間の存在を知らせるための「熊鈴」が設置されていて、りーんりーんと合図をして通ります。

四十八池湿原は木の歩道があつらえてあり、珍しい高原の花々を鑑賞出来ます。
時間のある方は、更に1時間ほど先に行って大沼池という非常に大きな湖まで散策してみるといいでしょう。

c0093723_9563949.jpgc0093723_957270.gif
c0093723_9573852.gif

[PR]

# by marimiyata777 | 2006-08-29 09:58 | 旅行

はじめまして、ブログ作ってみました

夏ももうすぐ終わり。

今日ははじめてのブログなので、少し自己紹介。東京在住、出版社勤務。
旅行が好きで今までに29カ国に行きました。夏はダイビング、冬はスキーとアクティブな趣味を楽しんでいます。

今年は妊婦なので伊豆の浜辺でのんびりと寝てました。西伊豆の雲見温泉はほのぼのとした素朴な小さな温泉です。漁師さんが営む磯民宿が沢山あって、一泊9000円弱で舟盛り付きのごちそうを味わう事ができます。

千貫門という景勝地が裏山を超えた所にありました。堂ヶ島から遊覧船で訪れる事も出来ます。民宿の裏の細い山道を超えて、海に浮かぶこの奇岩が見えた瞬間は感動です。
c0093723_1702258.jpgc0093723_17375427.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2006-08-25 17:08