いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

軽井沢で雪遊び

冬休みに軽井沢の別荘に出かけた。
着いた日の未明に雪が降ったそうで、お庭はきれいに一面の銀世界。
新雪を踏んで、足跡を作ろうと、親が庭に出ないで取っておいてくれたのだ。

夕方4時頃に到着したのだが、着くなりスノーウェアに着替えてお庭へ繰り出す母と息子。おぅ寒そうと思いながらも、カメラを持って追いかける私。

新雪は、ぎゅっぎゅむと、良い音を奏でる。踊るようにざくざく歩く二人の足跡が、点々と続く。翌朝、森の方まで散歩に行くと、うさぎの足跡があった。

翌日、パパが来ると息子よりも大きな雪だるまを作ってくれた。
母が「ゆきた」と命名した。息子は「ゆきた」が気に入ったようで、ぎゅっと抱きついていた。

初めて見た事や物に興味津々。
「これ、なにかな?」「これはなに?」と首を傾げながら、何度も尋ねてくる。
今朝はパパのあごをグリグリしながら、「これなに?」「あごだよ。あご」「あお?」
と、微笑ましいやり取りをしているのであった。

c0093723_16331265.jpg

居間から続くウッドデッキで
[PR]

# by marimiyata777 | 2009-01-09 19:00

ドングリはどこに?

パパと公園にお散歩に行った時、落ち葉とドングリを手に取って、研究者のような顔をしていたそうだ。しかめっ面は、真面目な顔をしたパパとそっくり。

「ま〜ま!」と帰ってきた息子。
三輪車のカゴいっぱいにドングリが入っていた。「わぁ〜いっぱい拾ってきたね」
3粒ほどを手にして「はい」と私に渡してくれた。
「ありがと」と言うと、うれしそうに、はにかんで笑った。

そして、いそいそと庭に戻り、またカゴからドングリをすくって、ママに渡して、
また戻って、小さな手を広げて、沢山もとうと持って落っことしたのを拾って。
拾ってきたドングリ全部を、ママにくれて、得意げに微笑んだ。

私も手がいっぱいで持てないから、小さなバスケットに受け取った。

それからしばらくは、ネジの穴やおもちゃ箱の中、ベッドの上、いろんな所にドングリさんが転がっていた。「どんぐりころころ、どんぐりこ〜♪」と歌うと一緒に体を揺らしてリズムを取っている。

あれ、そういえばバスケットが空になってる。どこに沢山のドングリは消えたのだろうと思っていると、1週間位して、赤い乗用ブーブーの座席下の収納に入ってるのを発見するのであった。

c0093723_1642890.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2009-01-09 18:40

2歳になりました!

2回目のお誕生日を無事迎えて、ますますたくましくなった息子。
お話するのが上手になって、記憶力も鍛えられたようだ。

市販のケーキは添加物とかが怖いので、ネットで調べて、岡山県から無添加のシフォンケーキを取り寄せた。2本ローソクを立てて、Happy Birthday♪を歌い、「ふぅ〜ってやるんだよ、ふぅ〜って」と火を消させようとしたけど、案外むずかしいみたい。
最後には「ふぅ〜」と火を消せた。消えた途端にとてもびっくりしていて、かわいかった。後日、ケーキの箱を出すと「ふぅ〜ってしたの!」と覚えていて、インパクトがあったんだろうなと思った。

「保育園で何してあそんだの?」「せんせい、きしゃ、びゅーんってはしったの」とか、象のダンボのDVDを見ながら、「ぞうさん、あかちゃん、ないない、ね?」「アイオン!(ライオン)」「イイン(キリン)」「ハバ(カバ)」などなどボキャブラリーも増えてきた。先日私が足を怪我すると「ママ、あし、いたい?いたい?」と言って、なでなでしてくれた。

子育てはまさに感動の連続だと思う。一つ一つ出来る事が増えて、日々確実に前進していく。
いつのまにそんな事ができるようになったの??と驚く事も多々あり。
カメラを向けると「に〜」と良いお顔をしてくれる。写真を撮るときちんと写真チェックをして、気に入らないと撮り直しさせる(笑)。

好奇心いっぱいに大きく育ってね!

c0093723_14144171.jpg

保育園の運動会でもらった王冠。「ぼうし、ぼし」とかぶってみせてくれる。
[PR]

# by marimiyata777 | 2008-10-31 19:19

NHKスタジオパークにお出かけ

渋谷から直通バスが走っている、NHKスタジオパークに息子と行って来た。
入園料が200円と安い。中学生まではなんと無料!

「おかあさんといっしょ」のおねえさんとおにいさんの歌のショーをやっていた日だったので、子供連れが多かった。土日には「いないいないばあっ!」のキャラクターのワンワンか、「ぐ〜チョコランタン!」のスプーのどちらかと、記念撮影が出来る。
ホームページ上で、記念撮影会のスケジュールを公開しているので、要チェック。
http://www.nhk.or.jp/studiopark/index.htm

この日はスプーの日で「みんながおうちのテレビで見てる時はこれっくらい(両手を縦に30cm位開いて)だと思うけど、本物のスプーは、とぉっても大きいので、びっくりしないでね」というおねえさんの説明どおり、スプーは巨大だった。
最前列のお友達から順番に一列に並んで待っていると後ろにスプーが来てくれる。
自分で並んでいられる子供は、保護者が撮影するのだが、まだ小さな子供の時は
大人と子供の写真を係員が撮影してくれる。(自分のカメラで撮影するので、カメラをお忘れなく!)今度はワンワンの日に行こうと張り切る私。
c0093723_1725111.jpg

館内は、時代劇コーナーやアフレコ体験コーナーもあって充実。
老若男女とわずに楽しめる感じ。小さな子供向けには「こどもひろば」というコーナーがあるが、部屋の周りにキャラクターが展示してあって、中央のテレビで子供向け番組が流れているだけなので、イベントに併せて行く事をお勧めする。
年長さんや小学生くらいになれば、アフレコしたり、アナウンサーに挑戦してみたりと、遊び方は格段に広がる。

レストランも併設されていて、NHKの番組ゆかりのセットメニューがある。
大河ドラマの「篤姫膳」、韓国ドラマ「チャングムの誓い」からコムタンセットとか。
ボリュームもあり、けっこう美味。お子様ランチもあるので、安心。
c0093723_17482446.jpg

この後、完食した。。。
ななみちゃんとも記念撮影。
c0093723_17405100.jpg

イベントに併せて、たびたび行ってみたいものだ。
売店で作れる写真と日付け入りオリジナルキーホルダーもお勧め!
[PR]

# by marimiyata777 | 2008-09-22 19:13

渋谷の都児童館

渋谷の宮下公園の前、美浜公園に隣接して東京都児童館がある。
昭和37年に建てられた、都で最初の大型児童館である。
私が子供の頃、母に連れられて毎週のように通っていた。
当時は地下に飛行機コーナー、2階に剥製などが並ぶ科学を学ぶコーナーがあったが
平成元年に大幅に改修工事されたらしい。

今度は私が子供を連れて通う番になった。結構頻繁に訪れている。
乳児から小学生までそれぞれの年齢に応じて楽しめるスペースがあり、長くお世話になりそうだ。

2Fののびのび広場は、靴を脱いで遊べるフローリングになっていて、汽車、ブロック、滑り台、ぬいぐるみや絵本とありとあらゆる遊具が揃っている。
1歳10ヶ月になった息子はここの木製の汽車のおもちゃにはまっている。1時間くらいは集中して、汽車を延々と走らせている。

少し上の幼稚園生くらいのおにいちゃん、おねえちゃんとのかかわり合いを見れるのもまた楽しい。「ちょーだい」とか「いれて〜」とか言って輪に入ってくるのに、「だめ!だめ!」と追い払ってしまって、「いっっしょに遊ぼうよ。みんなのおもちゃだよ」と言い聞かせていっぱい持っている汽車のおもちゃと他の子に分けてあげると、もう大泣き!!!もう他に移動させるしかない!と抱っこして他の階に行くのであった。
c0093723_18494040.jpg


3Fのほのぼのコーナーも乳幼児のためで、押し車やスポンジ製の積み木、ブロックなどがあって、赤ちゃんがはいはいしている横で、少し上の子が押し車を走らせてるという「ほのぼの」空間。小さい子にはお勧め。
c0093723_1849237.jpg


食堂があるのだが、カレーと中華丼と焼そばくらいしかないので、持って来て食べてる人もよく見かける。4Fの音あそびコーナーでは、ドラム、鉄琴、木琴、ピアノなどなどいろいろな楽器に触れられる。

一日、楽しめる事間違いなし!お昼寝の時間になっても帰ろうとしない施設です。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/index.html
[PR]

# by marimiyata777 | 2008-09-10 18:52

ごめんね

夫婦喧嘩をしない夫婦は、多分いないと思う。
みんな、何かしらの不満やらがある中で、折り合いを付けて生きていくんだろう。
人間だもの。

子供はとても敏感だ。
何か空気で読み取るんだろうね。
今朝はなんか寂しそうな顔をしていた。
パパとママの写真を持って、「パパ、ママ、パパ、ママ」と交互に指差して呼んでいた。
二人とも笑顔の写真を手にして。ちょと胸がキュンとした。
ごめんね。

c0093723_11262594.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2008-07-28 11:27

研究してるの?

明日で1歳9ヶ月。
2歳のモンスターと良く言うが、それに近づいたのかな?
「オムツかえよっか?」「め、なめ(だめ)」と口をとんがらせている。
「それ、ちょうだい?」「らめ、やや」と体を左右に振って、ちょっと私の言動をうかがうような表情をする。
面白いな。意思の現れだと、かわいいね〜と見守っている。
すんごい急いでいる時にやられると、ちょっとムッとくるが、、、

細かい作業や、動くものに、興味津々だ。
そういう時は決まって「僕は研究中」みたいな、難しい顔をして眉間に皺を寄せている。
プププ、技術者か、研究者にでもなるのかしら。

c0093723_1915519.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2008-07-22 19:16

公園へお散歩

1歳8ヶ月になりました!
最近は言葉がたくさん出てくるようになり、「わんわん、いないね〜」とか「パパ、いないね〜」とか。なぜか語尾が「だね〜」。私がそう言ってるんだろう。

週末には、帽子をかぶって、三輪車に乗って、公園に遊びに行く。
ちょうちょがひらひらと飛んでくると、「ちょ〜ちょ、ちょおちょ♪」と手を羽ばたかせて歌っているではないか。「おおお!お歌まで歌えるようになったのね」と親ばかの私は感動!

お外に出かけたくなると、その辺に転がっている私のバッグを私に持たせ、「ぼし、ぼし」と帽子を持って来て、玄関まで連れて行く。意思表示もちゃんと出来る。

いやいやモードになると手がつけられない。「いやいやいや、うわ〜ん」と手を左右に振り、ペタンと座り込んで動かない。そういう日は夢に出てくるらしくて、また夜中に泣き出したりする。

まあそれを成長の過程のひとつ。かわいいものである。

c0093723_16332778.jpg


プーさん三輪車。「やあ、ぼくといっしょに、あそぼうよぉ」とか低いおじさん声でゆくりしゃべる。
[PR]

# by marimiyata777 | 2008-07-09 18:15

車でねんね

大人も乗り物に乗って、揺られていると眠気をもよおすものである。
子供もしかりで、「しゃっ、しゃっ」と窓の外を並走する自動車を指差して喜んでいるなと思っていて、ん?何か静かになったぞ、と後ろを振り向くと、ど〜んと深〜い眠りに入っていたりする。

ママ一人で運転していて、後部シートに取り付けたベビーシートでフガフガされると、もうどうしようもないから、寝ててくれると気が楽だ。

いつも上から見るとちょこんと口をとんがらせている。ママもそうだったらしいよ。
子供の寝顔を見ているのは、なんともいえない幸せを感じる時だ。

c0093723_12454658.jpg
c0093723_1246119.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2008-05-15 19:30

雪とたわむれ

投稿が遅くなってしまったが、2月にスキー場デビューした。
スキーは、パパが指導員の免許を持っている腕前なので、家族で滑れるといいな。もう少し大きくなったら、キッズスキーを買うつもり。

今年はソリ。草津温泉のスキー場には、小さな子供向けにソリ専用コーナーがあった。一般のスキー場だと、麓の方でソリで遊んでいるところに、上から滑って来たスキーヤーがザアアとブレーキを掛けて来て怖いけれど、ここは安心だ。

初めて触れる雪は、なんとも不思議な存在だろう。舞落ちてくる雪を、じいっと見上げていた。小さな手袋をはめて、積もった雪の表面をなでていた。

来年は、スキーデビューできるかな?


c0093723_12361470.jpg

[PR]

# by marimiyata777 | 2008-05-15 18:15