いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:子供とおでかけ ( 6 ) タグの人気記事


式根島

2017年GWは式根島に行って来ました。初式根島、東京から高速ジェット船でわずか2時間半、こんなに自然にあふれた離島があるなんて驚きです。起伏が多い地形なので電動アシスト付き自転車を借りて島内を回りました。無料の天然露天温泉が3つあり、海を眺めながら温泉を楽しめるのも魅力です。本当に観光施設がなくて、遊歩道と展望台、そして海と磯遊びに没頭できます。子供連れで自然に触れ合うのに最高!また必ず行きます!
c0093723_16170884.jpg
c0093723_16180746.jpg
c0093723_16184113.jpg
c0093723_16192167.jpg
c0093723_16195753.jpg
c0093723_16203680.jpg
c0093723_16210818.jpg
c0093723_16213741.jpg
c0093723_16220313.jpg
c0093723_16223884.jpg
c0093723_16232433.jpg
c0093723_16235640.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2017-05-07 16:10 | 旅行

6歳になりました!

息子が6歳の誕生日を迎えた。もう来春には小学生。早いものだ。

小さく産まれたけれど、子供園のクラスでは2番目に背が高く、大きく育ってくれている。
10月半ばから産休に入ったので、子供園の短時間保育の子供たちと同じ午後2時にお迎えに行くと、部屋から真っ先に私を見つけて用意をして走ってくる。1月下旬からはまた元の長時間保育で6時半のお迎えに戻るけど。
もうすぐ産まれる弟の受け入れの為にオモチャを整理したり、お片づけも頑張っている。

お誕生日には二人でこどものあそびばピアレッテに行ったり、不二家でキャンドルサービスや誕生日記念フォトカードをいただいたり、翌日にもキッザニアに遊びに行ったりと、思う存分誕生日を満喫。
家族でチョコケーキを焼いて、一緒に飾り付けしたのも楽しかったね。

一歩一歩、大きく、成長していく息子。
これからの君の未来が楽しみだよ。 

c0093723_12183971.jpg

家族みんなで作ったチョコレートケーキ!

c0093723_12204911.jpg

キッザニアで建築現場工事の体験!

c0093723_12223348.jpg

キッザニアでピザ職人体験!この後、焼いたピザを一緒に食べました。
[PR]

by marimiyata777 | 2012-10-23 22:00 | 育児

沖縄 伊江島 拝所ニャティヤ洞

伊江島には素晴らしい観光名所がいくつもあったが、一番、印象的だったのはニャティヤ洞だ。
海岸沿いの駐車場に車を停めて、階段を下っていくと、暗い洞窟の入り口がある。奥に進んでいくと、とても広い空間が広がっていた。砂地の洞窟だ。

c0093723_16362725.jpg

空気がピンと張りつめている。拝所だ。戦争中は住民の防空壕として利用され、多くの人を収容したことから「千人洞(ガマ)」とも呼ばれている。


c0093723_16364868.jpg

洞窟の中からしか出られない磯に出てみた。


c0093723_1637382.jpg

広がる海原。苔むした磯。水たまりのような穴が無数に開いている。
自然の創り上げた造形美。

磯遊びをした事がなかった私や息子にとって、初めての経験がたくさん。
岩の下からもずく蟹やヤドカリを見つけては自然の水たまりに入れてみた。
もずく蟹は、もずくみたいな細い毛がたくさん生えている面白い蟹だ。
小さな魚やウミウシもたくさんいた。時間を忘れて蟹探しに夢中になった。
c0093723_1642773.jpg


夏の良い思いでになった。
c0093723_16423752.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2011-07-29 16:43 | 旅行

沖縄 伊江島

遅ればせながら、、、GWに沖縄のやんばると伊江島に行ってきた。
人ごみや観光客がたくさんいる所はあまり好きじゃないから、
沖縄の中でも一番静かな所に。

伊江島では本部半島からフェリーで30分。今回はレンタカーもフェリーで運んでもらった(往復¥5700)。島の東端から西端まで6kmほどしかない、小さな美ら島。
第二次世界大戦時の沖縄戦の最初の激震地になり、街や田畑を焼き払われ多くの犠牲をだした、悲しい歴史もある。

民宿「土の宿」は素泊まり宿。共用の台所で自炊する。大きな囲炉裏のあるお部屋で、その日巡り会った人たちが思い思いの時間を過ごす。おばあちゃんの家に遊びにきたみたいな感覚。
経営者である木村浩子さんは足が不自由で車いすのため、宿のいたる所がバリアフリーになっている。障害者、健常者を問わず、お互いに生きる仲間として、自由に語り、共に考え、本当の福祉と平和を創り出していきたいと想い、沖縄に民宿「土の宿」を建てたそうだ。電気のスイッチは全て足で押せる低い高さにあった。ホテルに泊まるゲストとしてサービスを求める方にはご遠慮ねがっている。共用の家に泊まらせてもらってる感じ。なんとも、穏やかな気持ちで過ごせる宿だった。
1泊:大人¥2,000、子供(布団を使う場合)¥1,000。http://tsutinoyado.net/donna.html

c0093723_1692047.jpg

土の宿の玄関で。遊んでもらったお兄ちゃんたちと。

c0093723_1610328.jpg

一面に広がるひまわり畑。
[PR]

by marimiyata777 | 2011-07-29 16:11

スキー旅行

保育園のお友達のご家族とスキー旅行に行って来た。水上にある「照葉荘」という純和風旅館で、建物も新しく、お部屋も広くて、檜風呂の温泉もあって、山菜満載の品数も多い豪華なお食事もあって、リフト券付きで、なんと大人1万円!コストパフォーマンスの本当に良い、大満足の宿だった。子供にもご飯とお味噌汁をサービスしてくれたし。今度は紅葉の季節に行きたいな。

宝台樹スキー場でスノーエスカレーター券を購入してソリを楽しもうと思っていたけど、子供たちは雪玉や雪だるまを作る方に夢中だった。リフトと指差して「あれ、のる」と言うので抱っこして乗り、パパが抱っこして気をつけて滑り降りたのだが、キャーキャー笑っておおはしゃぎ。「もっかい、のる」と3回も乗って、パパの腕がパンパンに。

パパのサングラスが気に入って、二人でトンボみたいになって遊んでいた。
子供どおしで嬉しそうにはしゃいでいるのを見て、つくづく兄弟の重要性を感じた私。
兄弟がいれば、毎日、お家で一緒に遊べるものね。
c0093723_1992052.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-03-23 19:11 | 旅行

NHKスタジオパークにお出かけ

渋谷から直通バスが走っている、NHKスタジオパークに息子と行って来た。
入園料が200円と安い。中学生まではなんと無料!

「おかあさんといっしょ」のおねえさんとおにいさんの歌のショーをやっていた日だったので、子供連れが多かった。土日には「いないいないばあっ!」のキャラクターのワンワンか、「ぐ〜チョコランタン!」のスプーのどちらかと、記念撮影が出来る。
ホームページ上で、記念撮影会のスケジュールを公開しているので、要チェック。
http://www.nhk.or.jp/studiopark/index.htm

この日はスプーの日で「みんながおうちのテレビで見てる時はこれっくらい(両手を縦に30cm位開いて)だと思うけど、本物のスプーは、とぉっても大きいので、びっくりしないでね」というおねえさんの説明どおり、スプーは巨大だった。
最前列のお友達から順番に一列に並んで待っていると後ろにスプーが来てくれる。
自分で並んでいられる子供は、保護者が撮影するのだが、まだ小さな子供の時は
大人と子供の写真を係員が撮影してくれる。(自分のカメラで撮影するので、カメラをお忘れなく!)今度はワンワンの日に行こうと張り切る私。
c0093723_1725111.jpg

館内は、時代劇コーナーやアフレコ体験コーナーもあって充実。
老若男女とわずに楽しめる感じ。小さな子供向けには「こどもひろば」というコーナーがあるが、部屋の周りにキャラクターが展示してあって、中央のテレビで子供向け番組が流れているだけなので、イベントに併せて行く事をお勧めする。
年長さんや小学生くらいになれば、アフレコしたり、アナウンサーに挑戦してみたりと、遊び方は格段に広がる。

レストランも併設されていて、NHKの番組ゆかりのセットメニューがある。
大河ドラマの「篤姫膳」、韓国ドラマ「チャングムの誓い」からコムタンセットとか。
ボリュームもあり、けっこう美味。お子様ランチもあるので、安心。
c0093723_17482446.jpg

この後、完食した。。。
ななみちゃんとも記念撮影。
c0093723_17405100.jpg

イベントに併せて、たびたび行ってみたいものだ。
売店で作れる写真と日付け入りオリジナルキーホルダーもお勧め!
[PR]

by marimiyata777 | 2008-09-22 19:13