いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:子供 ( 1 ) タグの人気記事


お兄ちゃんの気持ち

c0093723_13211761.jpg
赤ちゃんが生まれて1ヶ月半。
授乳していると「おっぱいあげるとこ見たい」と息子がベッドで私に寄り添ってきた。
赤ちゃんをじぃーっと見つめている。

「赤ちゃんが生まれてどんな気持ち?」と改めて尋ねてみた。
息子はしばらく大きな目を見開いてから「わからない気持ち」と応えた。

「うれしいような?さびしいような?」
「うん、ーうれしいような、うれしくないような。
何かをとられちゃったような、さびしいような、さびしくないような、、。
あかちゃんがいるとママとあそべる時間がすくないんだもん」
「そっか…確かに授乳で時間をとられるからね。これからどんどん授乳の時間も短くなるし、1年経ったら赤ちゃんもみんなと同じように1日3回ご飯たべるようになるのよ。赤ちゃんでいる時間は短いから」
「あかちゃんが早くおおきくなったらいいな」
「ダイキ君がお洗濯物をたたんだり、お電話に出てくれたり、玄関にお荷物を取りに行ったりしてくれるから、ママはとっても助かってるよ。とっても嬉しいよ。よくがんばってるね、ありがとう。おふろで体も髪も自分で洗えるようになったから、今日も初めて三人でお風呂にはいれたよ」と褒めると
うれしそうに笑って見せた。

赤ちゃんの世話に食事、掃除、洗濯、仕事としていると、本当に時間がなくなってしまい、息子のために十分な時間が取れていない事に反省。何度言っても言うことを聞かない時には、つい冷たい言葉を浴びせてしまった事もあった。

6歳という小さすぎず大きすぎない年齢で「おにいちゃん」になった息子は、よく自分の置かれた立場を理解していて、一生懸命にがんばってる。

たくさん抱きしめて、たくさんほめて、たくさんお話して、たくさん大好きって愛してるって言おう。
[PR]

by marimiyata777 | 2012-12-27 01:10 | 育児