いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:育児 ( 54 ) タグの人気記事


子は親の鏡

自分が親になって、改めて実感した事がある「子は親の鏡」。

親がいつも笑顔で過ごしていれば、子供は自然に笑顔になる。
親がせかせかしていれば、子供もせかせかして生きる。
親が子供の話をきちんと聞かなければ、話を聞かない子供になる。
子供は親を見て、親の行動から学び、様々な事を習得していく。
子供にやってほしい事があれば、親がやってみせればよい。
「靴を揃える」という事を教えたければ、親がいつも自然に靴を揃えていれば、子供は自然に「靴は揃えるものだ」と習得する。
いつも子供をよく見て、自分自身の鏡である事を、自覚したい。

詩「子は親の鏡」は、アメリカ人のドロシー・ロー・ノルトにより1954年に書かれ、以来10カ国語に翻訳され世界中で出版されている。
子育て中の多くの親に、もう一度、この詩をじっくり読んでほしい。


『子は親の鏡』 ドロシー・ロー・ノルト (1954年 アメリカ)

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

しかりつけてばかりいると、子どもは、「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、

子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
[PR]

by marimiyata777 | 2012-06-13 17:47 | 育児

渋谷のこどもの城 National Children's Castle

渋谷から青山に向かって宮益坂を登っていくと、岡本太郎による「こどもの樹」というユニークな顔のオブジェがある。そこが「こどもの城」だ。中には子供の五感を刺激する遊びがたくさん!
入館料は大人¥500, 子供¥400(3~17歳)。一日で全部見て回れないほどのボリュームなので、毎週でも来たい。
屋上遊園、大きな室内公園、工作のお部屋(造形スタジオ)、音楽のお部屋、体育館、プールまで!
小学生高学年でも十分楽しめる内容でお勧め!

白い巨大な紙を貼った壁に自由に絵を描けるコーナー。
c0093723_12495550.jpg


屋上ではいろいろな三輪車に乗れる。頭にかぶっているのは工作で作った「道ぼうし」。
c0093723_12503281.jpg


ブロックコーナーで素敵なパレードを作ってご満悦。
c0093723_12511930.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2011-08-30 13:08

初めての魚釣り

家の近所の和田堀公園に釣り堀がある。釣り堀での釣りは何年ぶりだったろう?20年ぶり位か。
息子にとっては生まれて初めての魚釣り体験。

紙で作った魚にクリップを付けて、磁石の付いた糸で釣る釣りゲームを「おしゃかなつり」と喜んでしていたので、本当の魚を釣れる事に興奮していた。

夫と息子が先に行った後を追うと、帽子を深くかぶって一丁前に自分用の釣り竿を持っている息子がいた。夫に丸めた餌を付けてもらって一緒に水に投げ入れる。「あれ?」しばらくして竿を上げると餌がない。何度か餌を取られた後に、よぅく浮きを見て沈んだ瞬間に引き上げると、「引っ張ってる!」一匹目が釣れた。釣れたは良いが針から外せないので夫に外してもらって網の中へ。
息子は餌を丸めるのが楽しくなったようで、丸めてぽーん、丸めてぽーんと、水の中に放り投げていた。それじゃ釣れないけど、まあいいか。「おさかなに、えさ、どうぞしてるの」と満面の笑み。

1時間弱で4匹釣れた。でも針で釣られて怪我をして、また釣り堀に戻される魚を見て少々心が痛んだが。

息子は「また、くる〜」と喜んでいた。おもしろい体験が出来て良かったね。


c0093723_18512321.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2010-03-30 18:53

3歳になりました!

息子が3歳になりました!朝起きて息子の寝顔を見つめながら「あ〜3年前の今頃は陣痛で苦しんでいたな〜」と感慨深く、立派な男の子に成長した事を神様に感謝した。

誕生日お祝いに、東京ディズニーランドに行って来た。
アメリカ、アナハイムでも一度行った事があるのだが、当時、息子はまだ1歳半でようよう歩ける頃だった。ディズニーのお話もあまり知らなかったから、きょとんとしていた。
今、我が家はアニメDVDの宝庫で、ディズニー、ジブリと結構揃っている。
だから今回息子は大はしゃぎ!「ミッキーだ!ミニーだ!ダンボ乗る。ピーターパンも乗る!」
喜んでもらえて良かったよ。(アリスに出てくる「いかれ帽子」の着ぐるみは、こわがってたね)

2歳から3歳の1年に、君は本当に成長したね。
オムツも取れたし、自分でお靴もはけるし、手も洗えるし、ブロッグでかっこいい汽車を作ったり、ABC Songを歌ったり(ちょっと間違ってるけど)、電気やテレビの付け方も分かるようになったね。

これからの1年間、またいっぱい成長するんだね。大きくなあれ!たくましく育て!
君と生きる、毎日毎日が、ママのたからものだよ。本当に、ありがとう。
c0093723_17531556.jpg

c0093723_20191068.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-10-28 20:22 | 育児

ひこうき公園

善福寺川沿いに、ひこうき公園はある。
真ん中の砂場に、ジャングルジムのような鉄製のひこうきがあるので、通称ひこうき公園。
ロケット型のぐるぐる回る滑り台もあって、ユニークな形の遊具が良い。

ひこうき型ジャングルジムには操縦席があって、ちゃんとハンドルもある。
この操縦席がすごく高い所にあって、私が背伸びして、ようやくてが届く位の高さだ。
そのため、息子に「あそこに乗りたい!」と言われても、とても怖くて乗せてあげられなかった。
(というか手が届かなかった!)「大きくなったら登ろうね」「。。。」残念そうな表情を浮かべる。

先日、夫と3人でひこうき公園に遊びに行った時のこと。
夫は187cmも背があるので、息子のお尻を支えながら座らせてあげて、息子は念願の操縦席をゲット!
すごく嬉しそうに得意気に操縦する息子。小学生に交じって、私もよじ登ってみた。
「わぁ〜、高〜い」なかなか良い眺め。あと数年もしたら、息子も自分で登れるようになるんだな。
c0093723_1825365.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-10-08 18:35

食べムラ解消法

最近、食べムラが出て来た。前は出した食事をモクモクと一生懸命に食べていたが、好き嫌いが出て来たようだ。
食べたくない気持ちだと全く手を付けなかったり、おかずだけ食べてご飯は食べなかったり。
全く食べないと栄養が足りないんじゃないかと心配なので、何でもいいから何か食べさせなくちゃ!と思って、果物や菓子パン、ジュースなどをあげていた。しかしながら、それは良くない対応だったようだ。食べ渋ると甘い物が出てくる!と子供が思うといけないからだ。

保育園の先生にも相談したところ「これを食べたら、大好きなDVD見ようね!」とか「もうちょっと頑張って食べたら、甘いジュースを飲もうね!」とか、甘い物や大好きな事をごほうびとして用意してあげると良いと言う。

実践してみると、一旦離れた食卓に上目遣いで戻って来て「じゃあ、あ〜んして」なるほど食べさせてほしかったのか。あ〜んで、食べさせてあげたら、全部食べてくれた。ソファに走って戻って行き「ぷ〜さんは?」「はいはい」と『ぷ〜さんとはちみつ』のDVDを付ける。そんな日々だ。

近所に神戸屋があり(パンが美味しいので有名)息子のお気に入りでもある。
ここでも「息子語:ぽぽれーとぱん(チョコレートパン)」にバターをたっぷり塗って食べるのだが、この間は別の甘くないパンを渡して、「これを食べたら、チョコレートパンあげるからね」というと、最初は口をとんがらせて不服そうにしていたが、きちんと食べてくれた。

かかりつけのお医者様曰く「おなかが減れば自分で食べるので、食べなければほっといて大丈夫ですよ。別に栄養失調になったりしませんから」そりゃそうだ。心強い言葉である。

c0093723_18445858.jpg

神戸屋でりんごジュースを飲んでごきげん!
[PR]

by marimiyata777 | 2009-08-04 18:46 | 育児

力作!

お休みの日にブロックで超力作を作った。
メリーゴーラウンド、観覧車、ダンプカーにロボット!
作り方がセットに入っていたのだが、これが結構むずかしい。
この作り方を作った人ってスゴいと思った。

必要ピースを用意して組み立てていく訳だが、息子は私が用意したピースをグチャグチャにしちゃうし、なかなか作業は進まない。。。というか私が作っていて、とても楽しかった。。。

なんとか作ったのがこれ。5分後に息子に破壊される運命なのだが。。。
c0093723_16583165.jpg

一応、クルクルと回るメリーゴーラウンド。

これは、息子の「アンパ〜ンチ!」で倒されてしまったロボットくん。
c0093723_170321.jpg


なにはともあれ、楽しく遊ぶ親子であった。
[PR]

by marimiyata777 | 2009-05-29 19:56

おぉぉぉぉ〜

息子はけっこう「笑いのツボ」を押さえているかもしれない。
「ぎゅうにゅう!」ある日の息子は大好きな牛乳を3杯もおかわり。
飲み終わったと思ったら「おぉぉぉぉ〜」「?」顔を見ると
「!」大きなお口にコップを押し込んでいた。。。ぷぷぷ。
c0093723_18253482.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-04-10 18:28

独創性ピカイチ☆

保育園からのなかよしだよりで、子供たちそれぞれのピカイチ☆を紹介していた。
息子は「ブロックでかっこいい物を作る独創性ピカイチ☆!」だって。

単純なママは早速200ピースも入っている一番大きなブロックセットを買って来た!
家に持って帰ると「ロボットつくる、でんしゃつくる!」とお気に入りの模様。
私も子供の時にこのブロックが家にあって、小学生の中学年くらいまで遊んでいたから
長く使ってくれるといいな。

いっぱい、いろんなの、つくろうね!

c0093723_18165272.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-04-10 18:17

スキー旅行

保育園のお友達のご家族とスキー旅行に行って来た。水上にある「照葉荘」という純和風旅館で、建物も新しく、お部屋も広くて、檜風呂の温泉もあって、山菜満載の品数も多い豪華なお食事もあって、リフト券付きで、なんと大人1万円!コストパフォーマンスの本当に良い、大満足の宿だった。子供にもご飯とお味噌汁をサービスしてくれたし。今度は紅葉の季節に行きたいな。

宝台樹スキー場でスノーエスカレーター券を購入してソリを楽しもうと思っていたけど、子供たちは雪玉や雪だるまを作る方に夢中だった。リフトと指差して「あれ、のる」と言うので抱っこして乗り、パパが抱っこして気をつけて滑り降りたのだが、キャーキャー笑っておおはしゃぎ。「もっかい、のる」と3回も乗って、パパの腕がパンパンに。

パパのサングラスが気に入って、二人でトンボみたいになって遊んでいた。
子供どおしで嬉しそうにはしゃいでいるのを見て、つくづく兄弟の重要性を感じた私。
兄弟がいれば、毎日、お家で一緒に遊べるものね。
c0093723_1992052.jpg

[PR]

by marimiyata777 | 2009-03-23 19:11 | 旅行