いちにちいちにち大切に


日々の出来事や感じていること
by marimiyata777
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ワーキングマザー

職場復帰して2週間、仕事と育児の両立はなんとかこなせるけれど、
母や夫の協力があってこそです。
とにかく時間があっという間に経ってしまいます。
外出するのも、用意が二人分だから、あれっと気がつくと家を出る時間。
仕事を終えて、車で実家に息子を迎えに行って、夕飯を買って帰って食べて(作る時間は無い)、お風呂に入れて、おっぱいあげて、寝かしつけて、自分もお風呂に入って寝る。
という生活になりました。

まだ生後2ヶ月の乳飲み子を置いて仕事なんて昔では考えられなかったでしょう。
もちろん私もそばにいてあげたいと思います。
でも会社では社員たちが待っていて、皆の生活や人生の責任を負っているのも
事実。仕事を続ける決心をしました。

少子化対策に国を上げて取り組むと言いつつも、
保育園に入れない待機児童の多さを見れば
いかに日本の対策が遅れているのかを痛感せざるを得ません。
私も1月からの保育園の入園を希望していましたが、全く空きのない状態。
4月になれば0歳児クラスの子供たちが1歳児クラスに進級するから空きが出来るとか。
認可されている保育園ではない、保育所やその他の施設も定員がいっぱいと言う。

会社には各国からの社員がいますが、日本での育児はもっと保護されるべきだと言います。
不足している保育園の数もさる事ながら、保険の効かない分娩費用や、
育児休暇での経済的保証や、問題は山積みです。
欧米では分娩費用は国がまかなってくれます。
日本の産休は60%が社会保険から支払われますが、欧州では80%。
日本の育休は30%、欧州では60%。この事実があまり知られてないのかもしれません。
日本もいつかスイスのように男性の半数以上が育休を取っても、
経済的に困らないような国になったらいいですね。

さて、来週には3ヶ月になる赤ちゃんは表情が豊かになって来ました。
お風呂上がりは、湯気をたてて、ほかほかで、コロンと転がっています。

c0093723_13505846.jpg


最近の寝かしつけポーズは、お膝に座って、胸に顔をうずめてるポーズ。
おっぱい飲んで、おなかがいっぱいになって、幸せそうに眠っています。

c0093723_13531324.jpg


私のような世の中のワーキングマザーの皆さん、
いっしょに頑張りましょう!
[PR]

by marimiyata777 | 2007-01-19 14:18
<< 喜怒哀楽がはっきり あっというまに産休明け >>